電子工作

2018年4月28日 (土)

テスターを買いました。

長年使っていたテスターが完全に故障したみたいで買い直ししました。
P4150044_1
勤務先でよく使われていたのが三和電気のテスターで、電流がμAから測定出来る事とパソコンと接続して測定結果を自動で記録出来るので前からほしかったのですが高くて中々買えず・・・
今回思い切って購入しました。
P4140039_1
PCと接続するキットは別販売なのでそのうち購入する予定です。
これで太陽光発電のバッテリーの電圧、電流を記録することにしています。
(μAじゃないけど・・・)

2018年3月11日 (日)

リレー基板

マイコンを使ったある装置の開発を考えています。

それでまず必要だと思ったのがリレー基板です。
リレーを使うと大きな電源を必要とする装置を制御できます。
P3110127
リレーのON/OFFにはトランジスタを使う場合が多いですが、今回はフォトカプラを使用しました。
何に使用するかはHPにて少しずつ書いていく事にしています。

LM317・LM337を使った可変電源基板

3月12日から16日まで出張の為、ヤクオフの出品を一時止めます。再開は16日の夜からです。

LM317・LM337を使った可変電源基板を作りました。
今まで出品していた電源基板が思ったより購入者が多かったので作ってみる事にしました。
P3080103_2
来月位から出品を開始します。

2017年10月29日 (日)

電子負荷を買う

HPで紹介した電子負荷モジュールは生活費の為・・・、すべてヤクオフで売り払ったので、また150Wの電子負荷モジュールを購入しました。

Pa280016
購入先はここ、
12Vバッテリーの負荷テスト用で容量が150W位ないとテスト時間がかかりすぎるからです、メーカー品の購入も考えましたが手がでません。orz
最小限必要なデーターも表示しますので今回購入した電子負荷で支障がありません。
Pa280033
大型ファンが付いていまして、放熱板が熱くなると自動でファンが回転します。
Pa280028
完璧ですね!。これが3500円で購入できます。(中国の通販で)
秋月電子は電源関連を販売しているので、電子負荷関連も取り扱ってくれたら良いのですがね、電源評価には必ず必要な装置ですので。

2017年9月13日 (水)

太陽光パネルを購入しました。

太陽光パネルを購入しました。

Taiyoukou

単結晶・出力100Wで、2枚送料込みで2万円でした。
他の業者もこのくらいの値段で購入できます。
1枚1万円ですが結構大きく頑丈に作られています。

とりあえず屋根において充放電器とバッテリーを接続して昼間充電、夜にバッテリーに何らかの負荷を接続してバッテリーの充放電を繰り返すテストを行う予定で、最初は手動で操作して徐々にマイコンとリレー等で自動化を行い電圧等のデーターの収集を行います。

3ヶ月位メンテナンス無しで正常に動くようであれば畑に設置して、水中ポンプを接続して自動水撒き器にしようかと・・・・、
他にも色々アイデアはありますが、太陽光発電が正常に機能するか確認してからHPにて公開しようと思っています。

2016年10月24日 (月)

自転車用モーターを回す。

自転車用DC24Vモーターを回してみました。モーターの購入先はここ
https://ja.aliexpress.com/item/350-24-dc/1803134846.html?categoryId=100007153&spm=2114.13010608.0.0.7yt9l7&detailNewVersion

制御用にマイコンドットコムで販売されている、DCモーターコントローラボードを購入しました。
Pa240082
作りが中国製・・・、信じていないわけではないが ^_^;
電源がバッテリーなのでなんかあったら大電流が流れるのが怖く、一応電源装置と24Vの冷却ファンでテスト!、問題無し。
すべて取り付けて動作確認をしました。
Pa240089
正常に動作しました。
今回は寄せ集めで配線したので短時間のテストしかできませんでしたが、次回は自転車に搭載してみます。

2016年10月20日 (木)

バーコードリーダー

4年前からの計画・・・

失業中職業訓練に参加しました、その時バーコードリーダーとマイコンを使ってタイムカードを製作しました。
Bar01
社員がバーコードの入ったカードをリーダーで読み込ませれば、出社・退社時間がSDカードに記録される物でした。
Bar02
その後、在庫管理、工場の工程管理に使えるシステムを考えました。
写真の物はRS-232c接続の物で、マイコンと接続できます。それでマイコンに一旦バーコードのデータを読み込ませ、工程の場所(コード)と日時を付けてXBeeにてホストPCにデータを飛ばして、工程管理を行うシステムを考えました。
とはいっても、バーコードをマイコンで読み込ませる事が出来れば簡単に出来る装置でして・・・ いつでも作れると放置 orz
バーコードリーダーも色々な種類がありまして、USBタイプ、WiFi対応があります。(XBee必要無し・・・・)
USBタイプは接続するとキーボード扱いになりますので、バーコードを読み込ませればキーボードで入力した事と同じになります。
Bar05
価格も安く4000円位で購入できます。
製品にバーコードを取り付けて読み取ります。
Bar06_2
エクセルで使用すれば在庫管理等に使用できます。
Bar07

2016年10月19日 (水)

電動自転車

3年近く前からの計画・・・・

三相モーターは難しいがブラシDCモーターなら制御も簡単のはずと、DC24Vのモーターを購入しました。(その時はヤクオフ)
自転車に取り付けて電動自転車を考えたのですが、モーターと自転車間はチェーンで動力を伝えます、チェーンを回すのが「スプロケット」です。
自転車と同じ規格(12.7mmピッチ)の「スプロケット」をモーターに付ける必要があります、ネットで探してみましたが中々見つからず(一応見つけたんだけど)、結局モーターに最初から12.7mmピッチの「スプロケット」が付いているDC24Vブラシモーターを見つけ注文しました。
今日そのモーターが届き、ホームセンターで購入した自転車用チェーンに合うか試したところ、ピッタリ (当たり前なんだがこれが死ぬほど重要!)
Pa190108
バッテリーは秋月で購入済み(12Vx2で24V)
制御装置も購入済み、あとはママチャリに取り付けるだけ!
と、思ったが購入していた制御装置の容量が10A、モーターはDC24Vで350W orz
制御装置を再購入してから、HPにて詳細を掲載予定です。
ちなみに、モーターを搭載した自転車を公道で走ったら逮捕となります。(地元福岡では逮捕者がいる・・・・)

2016年10月18日 (火)

ワイヤレス充電モジュール

2年前・・・、

ワイヤレス充電モジュールが秋葉原の千石電商にて1000円程度で販売されていました。
P7260151
当時、評価用キットは1万円を超えるものが多く1000円は安いと購入。
とりあえずの使い道で浮かんだのが、
自動で充電して永遠に動くプラレール!、
しかし、設置スペースの問題で没、
次にミニ四駆も考えたがミニ四駆世代じゃないし・・・・・
それで長い間放置していたがとりあえず何か作ろうと、5Vで動く小型冷却ファンを購入
P7260129
これに、ワイヤレス充電モジュールを取り付ける。
P7260132
冷却ファンをぶら下げる。 
二つのコイルはギリギリまで近づけないと送電しません。
P7260140
それで、ワイヤレス充電モジュールを通電してファンを回すわけですが、
ファンはぶら下げているだけなので、360度どの向きにも風を送る事ができます。
P7260142
もっと実用的なアイデアが浮かんだら書きます orz

2016年10月13日 (木)

RSコンポーネンツからダイレクトメール

香港からエアメールが届く。
Pa110003

RSコンポーネンツのマークが入ってるので怪しいDMでない事は確か。
空けるとこれだけが入っていた。
Pa110006    
中の部分を取り出して、PCのUSBに接続するとの事、
Pa110009
取り出したが、こんなに薄くて接続できるのか?
Pa110011
と思ったら、簡単に接続できた。
Pa110010
接続するいきなりこんな画面が出てきた。
Pa110012
IEが起動してRSコンポーネンツの工具関連のページが自動的に開く。
Pa110014  
これで終わり・・・