オーディオ機器の自作

2017年11月11日 (土)

ギア付きDCモーターを使った電動ボリューム

電動ボリューム基板を公開していましたが、使用出来る電動ボリュームが限定されていましたので、汎用性のある電動ボリュームを考えていました。

最初ステッピングモータで開発を行っていましたが、トルクの問題で結局ボツ! orz

ギア付きDCモーターを使うことにしました。

Dc_gia

まだ試作中で、公開は来年1月位になる予定です。

2017年10月19日 (木)

オークションを再開しました。

今週からオークションを再開しました。
新製品はありませんが・・・・、

LTのOPAMPを使用したフォノイコライザーアンプ基板に付けている4本の抵抗が無く、MOUSERに注文しようと思ったらクレジットカードの使用を止めていたことに気づき、orz
国内では買えないかのか?、
と探してみたら、
ニック電子オンライン通販 で購入できました。
Pa190002
元々抵抗は国内のメーカーですし、MOUSERで買うより安い!

2017年7月 8日 (土)

電動ボリュームの開発

精神的に安定してきたので、放置していた電動ボリュームの開発を再開しました。

金銭的にはまだ安定していないので・・・・
出品を停止すると言いながらすぐに再開した理由です。
(何とでも言ってくれ!)
P7080003
持っているボリューム(高級品)を赤外線式に出来る装置ですが使用するボリュームは複数ありますのでトルクの問題が出てきます。
最初ステッピングモーターで動かす考えでしたが、ステッピングモーターの場合トルクが弱くボリュームによっては回転しない問題があります。
それでギア付きDCモータに変更を考えています。
あと、メインで使用するPICマイコンも変更しました。
PIC16F88をメインで使用していましたが、PIC16F1827を今後使用する事にしました。
PIC16F88でXC8コンパイラでシリアル通信のプログラムを実行したら、
printf("ABCDEFGH\r\n");
の出力が ”ACEG” となる為です。(1文字飛ばされる?)
CCSコンパイラでは問題無かったのですが、XC8ではこのような問題が出てきました。
それでPIC16F1827に変更しました。

2017年7月 4日 (火)

カップリングコンデンサ

過去に書いたような気もしますが、最近カップリングコンデンサについての質問がきましたので、カップリングコンデンサについて書いてみました。
TDA1543 DACの出力の最後にはカップリングコンデンサが付いています。
Tda1543_sch
TDA1552Qアンプの入力にもカップリングコンデンサが付いています。
Tda1552_sch
このTDA1552QアンプにTDA1543DACを接続して使用すると、コンデンサが2個直列に接続される事になります。
Cap00
カップリングコンデンサは直流成分をカットする物ですので、音質を向上させるものではありません。
それで、片方のコンデンサをなくして回路を直結した方が音質が向上する場合があります。
Cap01
市販品のアンプには必ず入力にカップリングコンデンサが付いていますので、DAC側のコンデンサは外しても問題が無い場合がほとんどです。
私の知り合いはDAC側のコンデンサを外している方が多いようです。(もちろんアンプの入力の回路を確認してからです)
あと、カップリングコンデンサは通常の動作時に直流成分が流れないようにするための部品ですので、電源を入れた瞬間にでるポップ音はどのみち防ぐ事はできません。
電源を入れて回路が安定するまで出力をカットする回路が必要です。
電源を入れて少したってから接続するリレー回路などの保護回路が付いています。
市販品の場合は大体保護回路が付いていまして、保護回路のリレーが動作する音が聞こえます。
自作品の場合保護回路を付けるのが面倒で・・・、
付けていない場合が大半なので、自作品等を接続して使用する場合はアンプより先に電源を入れて使用してください。

2017年4月26日 (水)

2SC1815と2SA1015が余ったので、

TDA1543のI/V変換用トランジスタをFETに変更したので、2SC1815と2SA1015が大量に余ってしまい、ヘッドフォンアンプの部品セットのキット版を用意しようかと考えています。部品の在庫を調べてみたらボリューム以外は大体揃っていました。ターミナルブロックとボリューム以外は付属するキットの出品を計画中です。

あと、TDA1543キットの出品は来月から再開します。
動作確認済みの完成品も出品します。
完成品の方がすぐに落札されますね・・・・

2017年4月15日 (土)

ゲームラボ休刊

ゲームラボという雑誌が休刊らしい、

本音をいうと、まだ出版していたんか? 
でした・・・
元々この雑誌は、「バックアップ活用テクニック」で、
初めに購入したのはパート14からでした。その時自分は高校生2年でした。
とにかく他の雑誌に書いていない内容が多く魅力的でした。
MSXパソコンのROMゲームをディスクにコピーする方法など、金の無い学生には衝撃的な記事が多く、必ず購入していました。当時は年4回の出版でした。
販売部数が多く気をよくした出版社は、最後は月刊誌にしましたが当時から言われた事は、
内容が薄くなる・・・・、実際そうなった。
で、自分も社会人になり、コピーしてまでゲームはやらなくなり・・・
ゲームラボもとりあえず買っておくが読まなくなり買わなくなりました。 orz
バックアップ活用テクニック時代の記事で、
三端子レギュレータの記事が1ページありまして、その記事に従って5Vの安定化電源をつくりました。
電子工作はキットから始まりましたが、初めてユニバーサル基板にレギュレータと電解コンデンサと0.1μFのコンデンサで5V電源を作りました。(当時スイッチング電源は少なかった)
これが自分がキットから初めての脱却でした。

2017年3月22日 (水)

TDA1543 DAC FET版

TDA1543を使ったDACですが、先日からFET版の出品を開始しました。
相変わらず、自分の設計では無いですが orz
音は良いし、製作は簡単です。

プリント基板は試作で20枚製作しましたが、すぐに足りなくなりそうなので今日あたりに追加発注を行う事にしています。
I2SフォーマットのTDA1543の在庫が無く購入先を検討中です、当分の間TDA1543Aで出品するかもしれません。
 
Tda1543_fget_all
追記:
TDA1543のキット版は基板が完全になくなりましたので、次は4月の中旬位からの開始となります。
当分の間は基板完成品のTDA1543A+CS8416 DAI だけとなりますが、
こっちのセットは全然人気ありませんね・・・・・
TDA1543の方もいくつか確保していますので、基板が届き次第こちらは引っ込めて完成品でも作って出品しようかと思っています。
追記・・・・、
また無職になって時間があるので、完成品を製作しました。
とりあえず10台製作する予定です。
SFDIFのパルストランスは不要と判断して無くしました。
無信号時のノイズ防止基板は付けていません。
電源はサウンドハウスより購入した、トランス式アダプターです。
スイッチング式だとノイズが出るからです。
ノイズといっても無音時でアンプの音量を最大にしないと分らない程度ですが。
光端子入力の物は製作しません。製作が非常に面倒になるからです。
あと少し値上げしました。いや、ヤフーの手数料が結構高くて・・・・・・・
Tda1543_02

2017年2月11日 (土)

HDMI SFDIF出力

ラズベリーパイとVolumioの組み合わせでSFDIF出力する方法で簡単なのは、

HDMIからSFDIF(光端子)出力を得られる装置を使う方法。
最近買った装置で試してみました。
P2110007
P2110010
元々は、使っているポータブルブルーレイプレーヤー がHDMI出力の時は、ヘッドフォンからも音声が出ない仕様で仕方がなく購入していた物ので、試しにラズベリーパイでも試してみました。Volumioの設定で出力をHDMIにするだけです。
とりあえず光端子から出力は有りDACに接続すると音声は正常にでている、ところが曲の先頭が切れてしまう、HDMIディスプレイに接続しないと光端子から出力が無いなどの問題もあります。
購入した装置以外にもHDMI信号から光出力を得る物が販売されていますので、都合の良い装置を見つけてみようかと思っています。
I2S信号からSPDIF信号を得る方法も摸索中で、「WM8804」でも出来そうなので挑戦する事にしています。

2017年2月 5日 (日)

結局あきらめ~

ラズベリーパイにS/FDIF信号を取り付ける計画で、DIT4192とラズベリーパイを取り付けて実験してみましたが、全くならず orz

こればっかりに時間がとれないので、いったん中止することにしました。
完全に止める気は無いので開発し易いように、DIT4192基板を設計する事にしています。
コメントに「基板おくりましょう?」と書かれた方がいましたが、もし送って貰えるのでしたらメールの方で連絡してください、お願いします。
あと、ラズベリーパイにS/FDIFを増設する基板はあるみたいなので買ってみる予定です。
 
リニアテクノロジーのフォノイコライザー基板用抵抗が発送されたみたいなので、近いうちに出品を再開します。
それで、失敗したのが210Ωを注文しておらず・・・、家の在庫だと10セットで終了。
なんで210Ωを注文してなかったのかといいますと、
注文したのが11月26日で、その時無職だったので少しでも節約したかった事と、秋月かマルツで買えるだろ?
と、思っていたが売っていませんでした・・・・

2017年1月30日 (月)

安定動作しない・・・

ラズベリーパイを使ってネットワークオーディオで楽しみたい、
Volumioをインストールして結構簡単にDACが使えて驚嘆したんだが、
ラズベリーパイを使うにあたって問題なのはシステムクロックが出力されない事。
解決方法はシステムクロックを使用しないDACを使う、
↑TDA1543とか
 
ビットクロックと同期するシステムクロック作る、
↑お気楽オーディオさんの方法。
 
システムクロックとビットクロックが非同期でも動作するDACを使う、
↑探すと有る。
 
ラズベリーパイにシステムクロックを与えて、ビットクロックと同期するドライバーを使う
 ↑海外で公開されているらしい。
 
自分が考えた方法は一旦S/FDIF信号に変換する方法。
それで共立電子で販売されているDIT4192基板を使ってS/FDIF信号を作ろうとしたが、
不安定・・・・・
Dscn0486_2
CS8416を使って実験。
一応再生できる時が有るんだが、何故か不安定 orz
ボードの設定はこれで良いみたいだけど動作不安定が解消できない!
Dscn0491
上手くいっている方がいましたら情報をください ^_^;

より以前の記事一覧