« CS8416を使ったソフトDAIの出品 | トップページ | リニアテクノロジのOPAMPを使ったフォノイコライザの話 »

2016年3月14日 (月)

ステッピングモーターを使った電動ボリューム

アルプス電気のモーター付ボリュームを使った電動ボリュームを出品しましたが、特定のモーターしか使えないので出品は完全に中止することにしました。

あと、全然うれず・・・・・。(まあ赤字で30台は売ったんだけどね。)
高級ボリュームが使えるようにステッピングモーターを使った赤外線ボリュームを急いで作っています。ステッピングモータを回せたので後は今まで作ったプログラムを組み合わせればすぐにできます。(たぶん)
P3140114
ただ頒布は基板と書き込み済みマイコン程度になるとおもいます。
部品はほとんど秋月電子で入手できます。問題はモーターとボリュームをつなぐジョイントの入手かもしれません。
HPの過去に書いた記事を整理しています。追加追加で分かりにくくなっていましたので、
もう不要と思われる内容は削除しています。
今後DAC関連の出品を続ける時はまた新たに書き直す事にしています。
元々は、キットを組み立て、電源も組み立て、配線し、動作確認をして、ケースに入れて市販品のように使えるようにするまでを掲載する予定で始めたのですが、
やっているうちに目的を忘れてしまいました。

« CS8416を使ったソフトDAIの出品 | トップページ | リニアテクノロジのOPAMPを使ったフォノイコライザの話 »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/63344261

この記事へのトラックバック一覧です: ステッピングモーターを使った電動ボリューム:

« CS8416を使ったソフトDAIの出品 | トップページ | リニアテクノロジのOPAMPを使ったフォノイコライザの話 »