無料ブログはココログ

広告

« ステッピングモーターを使った電動ボリューム | トップページ | ヘッドフォンアンプ基板 »

2016年3月14日 (月)

リニアテクノロジのOPAMPを使ったフォノイコライザの話

リニアテクノロジーのOPAMPを使ったフォノイコライザー基板ですが、最近売れなくなったので当分は出品を控える事にしました。

一部の人には大絶賛を貰いましたが、自分が設計した物では無いので興味無し・・・
音質は市販品を超えていますが、売れなければやめるしかない。
ちなみに改良したいとの話が来ていますが、リニアテクノロジーなら無償のLTspiceがありますので、簡単に試す事ができます。(改良したい人がやってね)
自分はLTspiceはほとんど知らず・・・、電子回路シミュレーションは「サーキットメーカー」を使用していたので、LTspiceの使い方をいい加減覚えないといけないと思っていました。
マイコンの方もそうでして、PICマイコンのコンパイラーはCCSで大体の事が出来てしまうので、C18・C30・XCのコンパイラも覚えないといけないと思いつつも、
めんどくさー 40代超えるとしんどい。
いかんいかん、新しいことに挑戦しよう。無職なので時間はたっぷりある wwww

« ステッピングモーターを使った電動ボリューム | トップページ | ヘッドフォンアンプ基板 »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/63345193

この記事へのトラックバック一覧です: リニアテクノロジのOPAMPを使ったフォノイコライザの話:

« ステッピングモーターを使った電動ボリューム | トップページ | ヘッドフォンアンプ基板 »