無料ブログはココログ

広告

« フォノイコライザー基板 | トップページ | OPAMPを使ったフォノイコライザー出品 »

2015年11月22日 (日)

メタルマスク

プリント基板では部品の表面実装を行う事が当たり前となりました。

表面実装部品の取り付けにはクリーム半田が必要となります。

これを必要な場所に塗るにはメタルマスクを製作する必要がありますし、外注に実装依頼を頼むにはメタルマスクを用意する必要があります。

メタルマスクを作るとなると高い orz

中国のこの業者はどうかな・・・・、 試しに発注してみたい。
http://www.elecrow.com/laser-cut-pcb-stencil-p-450.html

« フォノイコライザー基板 | トップページ | OPAMPを使ったフォノイコライザー出品 »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

実装機によっては、クリームハンダをパッドに乗せる機能を持ってることがあります。この方式ならば、メタルマスクは不要です。依頼先の機械しだいですね。
チップ抵抗などをハンダ槽で付ける時に中心に接着剤を塗布してからチップ抵抗を並べて硬化後ハンダ槽でディップハンダする時の接着剤塗布と同じ原理ですね。

メタルマスク不要の実装機があるとは知りませんでした。
業者に実装依頼するようになるのは、かなり先になるでしょう・・・
今メタルマスクが必要なのは、手作業でクリームはんだを基板に塗る為なんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/62729139

この記事へのトラックバック一覧です: メタルマスク:

« フォノイコライザー基板 | トップページ | OPAMPを使ったフォノイコライザー出品 »