無料ブログはココログ

広告

« セレクター基板 | トップページ | フォノイコライザー基板 »

2015年11月19日 (木)

長期間放置のソフトDAI

長期間放置していたソフトDAIのソフトがほとんど出来上がっていますので、来月位にHPにて公開していく事にしています。

普通に使うので有れば、赤外線リモコンで4系統の入力切り替え、LCDで入力周波数の表示機能のあるDAIとなります。
そのほか高精度のクロックを使った実験も簡単に行う事も出来ます。
なんで公開が遅れたのかといいますと、
動作チェックが面倒で・・・・、
192KHzまで対応したサンプルレートコンバータを失業中に売り払ってしまって、176KHz以上の確認が難しくなりました、結局192KHzはPCのサウンドカード、176KHzはプレステーション3にて行いました。
あと、TDA1543を使った方は気づいていると思いますが、無信号時に小さいですが「ピー」と音が発生します。これは無信号時にもDAIから信号が出ているからです。
それで、音声デジタル信号の入力が無い時はDAIから信号が出ないようにソフトで制御出来ないか検証してみましたが、出来ず・・・・ (1週間位これに時間を費やした)  
DAIの出力を停止すると入力信号の状態も解らないのです。
解決方法を知っている方がいたら教えて ^_^;;
ちなみに、この問題はロジックICを使えば一応解決は出来ます。
もうひとつ、出力フォーマットで右詰め、左詰めの設定はデータシートで確認出来ました。
ところがI2Sの設定が解らない????、
正直に言うと、他の方でCS8416のソフトモードのソフトを公開している方がいます。
その方のプログラムを解析して解りました。(レジスタの設定)
じゃあその人はどうやってI2Sの設定を知ったのか?
が疑問で、これを解決できなかった・・・・
メールで連絡して聞こうかと思いましたが止めました。ささやかなプライド orz
(その方は私のキットを購入してくれています。)
とまあ色々ありまして、公開が遅れたわけです。
Pb190010_3

« セレクター基板 | トップページ | フォノイコライザー基板 »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/62704596

この記事へのトラックバック一覧です: 長期間放置のソフトDAI:

« セレクター基板 | トップページ | フォノイコライザー基板 »