« 送料は160円に変更します。 | トップページ | 電動ボリュームのプログラム »

2015年3月15日 (日)

共立電子のSRC-4192が動かず・・・

ソフトDAIでは、入力の周波数をLCDで表示したく動作確認を行う必要があります。

過去に作ったソフトDAIも32kから192kまで対応していました。とりあえず再度動作確認を取りたいと思っていまして、32kから94kまでは、「SRC2496」で出来る。192kはパソコンを使って出来る。問題なのは、176.4kでして、これを出力できるハードをもっていない。

前回は、「UDT-1」を使って確認しました。これはお金に困り・・・売り払い orz
再度買おうにも、入手不可能・・・

それで、共立電子のキットを組み合わせて176.4kを出力する事を考えました。
ところが、サンプルレートコンバーターのSRC-4192が動かず・・・・、(出力の波形が確認できなかった。)
共立電子のマニュアル(応用編)は丁寧でして、設定をミスっているとも思えないし、チップが故障していると結論も出なかった。
(SRC-4192キットが4000円もするのであきらめたくないのが本音だったりして)

SRC-4192が動けばPCM61の動作チェックも出来たのにと、色々試したが動かない。
このままだと先に進まないのであきらめて、PS3で176.4kが出力できるらしいのでそれで試してみる予定。

つーか、192kと94kを出せる環境があるので、その間のは176kと判別すればすむんですけどね。

ついでに説明すると、外部クロックをDAIのCS8416に与えて、CS8416は外部クロックを元に入力信号の周波数をあるレジスターに書き込みます、それをマイコンで取り込んで周波数の判別を行っているからです。
176kの場合のレジスターの値を知る必要があるからです。
P3140088_2

« 送料は160円に変更します。 | トップページ | 電動ボリュームのプログラム »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/61287794

この記事へのトラックバック一覧です: 共立電子のSRC-4192が動かず・・・:

« 送料は160円に変更します。 | トップページ | 電動ボリュームのプログラム »