« 電動ボリュームのプログラム | トップページ | ステッピングモータを使った電動ボリューム »

2015年3月21日 (土)

イソプロピルアルコール

CS8416を使ったDAIのキットの準備で一番ネックになっていたのは、CS8416の半田付け時にフラックスを塗るので実装後ふき取る作業でした。
P3210006

めん棒にシンナーや専用溶剤を染み込ませてフラックスをふき取り作業は、かなり面倒でした。
それで、一気に解決する方法として、イソプロピルアルコールとメガネなどを洗浄する超音波洗浄機を用意して、まとめてクリーニングする方法を考えました。
(イソプロピルアルコールのほかにもソルミックも候補にしていた。)
P3210110

東芝の小型超音波洗浄機にアルコールを入れて洗浄。発火が怖いので風呂場で作業。
P3210011


あとは、チリの出ない布で拭きあげれば完了。
P3210014

あ~楽になった。お金はかかるけど。

« 電動ボリュームのプログラム | トップページ | ステッピングモータを使った電動ボリューム »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

「フラックスリムーバー」ではだめでしたか?

1回に使用する量が多いので、フラックスリムーバーですと、アルコールに比べてコストが高くなります。アルコールよりフラックスリムーバーの方が洗浄力は高いです。洗浄力を高めるために超音波洗浄器を利用しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/61317120

この記事へのトラックバック一覧です: イソプロピルアルコール:

« 電動ボリュームのプログラム | トップページ | ステッピングモータを使った電動ボリューム »