« 偽物? | トップページ | 出品をすべて中止します。 »

2014年5月21日 (水)

高い電子負荷が買えず・・・・

300Wの電子負荷がほしいのですが、当分購入できそうに無い・・・。
300Wクラスでの使用は抵抗器の組み合わせでなんとか出来そうで、オーディオ関連はパワーアンプ以外の工作では30W程度あれば事足りるので自作をかんがえましたが、
3000円程度でキットが売られていましたので購入しました。

電子負荷キット Re:load 2
http://item.rakuten.co.jp/vshopu/2142-1601?s-id=top_normal_browsehist&xuseflg_ichiba01=10002584

Dsc00389

そのままで12W、最大で30Wまでokらしいですが、付属の放熱板では12Wも厳しくエージングテストに使えそうにないので冷却FANをつけることにしました。
付属のボリュームでは細かい調整が出来ないので秋月で売られているヘリカルポテンショメータ(700円)を使うことにしています。

ケースにいれて電源キットの評価に使用する事にしています。

« 偽物? | トップページ | 出品をすべて中止します。 »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。 少し前、私も電子負荷作りました。 2SK4115っていう根性のありそうなMOSFETが安価であったので、それと手持ちのLM358とTL431を組み合わせたものです。 自分の場合は、真空管電源試験用の仕様なので、10V~900Vで0~0.5A 最大損失300W ですので貴殿の用途とは異なるかもしれません。 胆は放熱器です。 ジャンク品のかなり大きなものを使っております。

コメントありがとうございます。
容量の大きい自作電子負荷を安定して動かす勇気が私にはありません・・・・
あと、今回の電子負荷もちゃんとしたケースに入れて、電流計、電圧計を購入していたら、150Wの電子負荷が買えてしまいます。それで、ケースに入れるのは止めようかと ^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/59682734

この記事へのトラックバック一覧です: 高い電子負荷が買えず・・・・:

« 偽物? | トップページ | 出品をすべて中止します。 »