« AD1955 DAC の試作だけでも・・・ | トップページ | TDA1543とトランジスタI/Vの結合基板 »

2013年8月 4日 (日)

OPAMP LT1115 + LT1010 を使ったフォノイコライザ

先日作ったOPAMP1個のフォノイコライザーアンプ基板は失敗で中止。
フォノイコライザーの仕組みを覚えるのに最適な基板でしたが音が悪すぎ。

それで、元々  LT1115 + LT1010を使ったフォノイコライザーを作る予定でしたので、こちらの基板を設計することにしました。(データシートそのまま)

データシートの回路図に 499Ωを指定している・・・・

そんな抵抗値売っているのか? と思ったが、探してみるとあるんですね。
Dsc08003

誤差1%ですよ!、実際測ってみると501Ωです・・・・

« AD1955 DAC の試作だけでも・・・ | トップページ | TDA1543とトランジスタI/Vの結合基板 »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/57923952

この記事へのトラックバック一覧です: OPAMP LT1115 + LT1010 を使ったフォノイコライザ:

« AD1955 DAC の試作だけでも・・・ | トップページ | TDA1543とトランジスタI/Vの結合基板 »