無料ブログはココログ

広告

« 完全に終わりきれず。 | トップページ | 次のアンプキットの企画 »

2012年9月 9日 (日)

準備中と、USBオーディオの検討

試験が終わり、キットの準備に取り掛かっています。

PCM2706は水曜日位から出品します。

最近は定時に帰る為7時前に家に着きます。7時30分位からは好きな事ができますので、PCM2706の次の候補を探していましたが、当分は諦めました。

最初の候補は「XMOS」でしたが試作が出来ても量産が出来ない為没!
(試作も完成させる自身無し・・・・)

次にTIの「TAS1020」、94kHzまでしか対応できないが試作・量産が出来ると検討したのですが、製造中止、開発用ソフトがダウンロードできず・・・・

それでもTAS1020がついた評価ボードを購入してみて、テスト等を行っていましたが製造中止が気がかりで中止。

Dsc03150
Dsc03152_2 

追記;2012/10/27:↑の基板は、色々いじっていたら波形が出なくなりゴミ箱行き orz

192kHz対応で PCM2706並に手軽な石に、「TE8802」があります。検索すると海外でボードが販売されていますが、石のみの入手が全くできずで中止。
(知り合いに頼んでみる予定)

トラ技などのように、 USBターゲットコントローラ(サイプレス等)+FPGA なんて組み合わせも挑戦したいのですがUSB関連は敷居が高すぎるので、自身無し ^^;
(ソースコードは公開していたんだよね。解析するか・・・・・)

過去に、PCとマイコンでデータのやり取りをする装置を作る必要があり、シリアルではポート数スピードで限界がある、USBでやろうと決めたのですが、最初に調べたサイプレス(EZ-USB FX)が全くわからず挫折・・・、(解ったとしても制約があったような。)
結局 XPORT という部品で決着。結局これが正解だったんですけどね。
(一台のPCでPICマイコン100台以上同時に制御)
USB関連はまた挑戦したく、PICかAVRを使ってUSB機器を製作する計画です。

オーディオでUSB関連は一旦中止ですが、94kHz以上のフォーマットは別の方法を検討しています。

« 完全に終わりきれず。 | トップページ | 次のアンプキットの企画 »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/55619995

この記事へのトラックバック一覧です: 準備中と、USBオーディオの検討:

« 完全に終わりきれず。 | トップページ | 次のアンプキットの企画 »