« クロックの問題 | トップページ | 完成品の製作は終了 »

2012年2月16日 (木)

キットにする意味

CS8416ソフトモードの件は私自身がまだよく検証していないので、どのような形で出品するかはもう少し待ってください。

最近勤め先では、表面実装部品を取り扱います、リード付部品、DIP タイプのICなどは使っていません。半田は鉛フリーで、その上抵抗幅は1mm以下・・・・

キット化する場合で問題になるのは、表面実装になる部品は出来るだけ避けて用意する必要があります。
すべて表面実装部品の場合、個人的にキットである必要が無い感じがします。

表面実装部品の場合、かなりの人が苦手としていますので最初から付けた基板でキットが販売されていますが、付けるのは配線だけたっだり、数点の抵抗を付けるだけだったり・・・・

極端な言い方をすると、最初から完成品を買えば済むのでのでは?
って話になってしまいます。
その辺を配慮してキット化を考えて企画を決めなければなりません。
年々リード線付の部品が無くなっていますので、厳しくなる一方です。
(個人でFPGA、組み込みマイコン、データーシートの入手、プリント基板化などは簡単になっていますけど。)

今後の予定ですが、
AD1852は今月末をもっていまの基板の出品は止めます。再開する場合は192KHz対応、ソフトモード(内臓ボリューム対応ってこと)に対応することを考えていますが、出来なければ再開しません。

コンデンサの用意が難しく保留状態になっていた、AD1955のDACキットはDSDフォーマットに対応可能が確認できたら再開します。DSDフォーマットの対応確認が出来る! と分かったので現在準備中です。

WM8805 DAI ハードモードのプリント基板化、WM8805はまだ動かした事が無いので、再挑戦します。動いたらプリント基板化します。(後にソフトモードも挑戦)

DIR9001 DAI 基板のフォーマット変更可のプリント基板化。クリスタル発信器は付属しません。

しかしまあ、金と時間がほしい、宝くじでも当たらないかな~ ^^;

« クロックの問題 | トップページ | 完成品の製作は終了 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/54002128

この記事へのトラックバック一覧です: キットにする意味:

« クロックの問題 | トップページ | 完成品の製作は終了 »