無料ブログはココログ

広告

« セレクター無しの電子ボリューム | トップページ | 一休み中・・・・ »

2011年2月28日 (月)

光端子基板の準備

要望の多かった光端子基板の準備を始めています。
光受信モジュールを選びDigi-Keyに注文しました。

候補に上げたのは「TORX177LET」です。
Cimg7337

シャッター式なのでキャップの紛失に困ること無く、これを選びました。他に必要な部品はコンデンサとインダクタが各1個必要なだけなので基板設計も簡単です。3月中には試作基板を発注する予定です。
今まで何で簡単なのにやらなかったかといいますと、モジュールの価格を勝手に勘違いしていた。(1個700円だと思っていた)
昔はプリント基板の面付けを知らなかったので、1枚あたり500円のコストが必要でした。

今回もし量産出来た場合、販売価格は800円前後になると思います。

CS8416のソフトモードの準備もしています、ソフトモードでは、同軸、光の自動切換えも可能となります。

« セレクター無しの電子ボリューム | トップページ | 一休み中・・・・ »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/50998401

この記事へのトラックバック一覧です: 光端子基板の準備:

« セレクター無しの電子ボリューム | トップページ | 一休み中・・・・ »