« WM8741の出力 | トップページ | AD1955は無期延期 »

2010年11月13日 (土)

次のノンオーバーはPCM56P

最初の頃(4年位前)、ノンオーバーDACキットはPCM56Pで頒布する予定でしたが、DAIの部品が入手できない、PCM56P自体がディスコンで価格が高騰してあきらめていました。そのうちTDA1543でDACを作る方法を覚えたので切り替えましたが、PCM56Pはあきらめてはいませんでした。

先日PCM56Pを安く大量に購入することができました。
そこで量産する予定が無かったDIR9001を使ったDAI基板とDAC基板を100枚製作しました。(部品は100セット分無いけど)

現在動作が安定するか検査中です。

検査が終了次第キットの出品を開始することにしています。

部品が100セット分ないので基板だけほしい方は連絡してください。
各1枚300円程度で販売します。

« WM8741の出力 | トップページ | AD1955は無期延期 »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/50020602

この記事へのトラックバック一覧です: 次のノンオーバーはPCM56P:

« WM8741の出力 | トップページ | AD1955は無期延期 »