« PCM2706が届く | トップページ | 決まりませんな・・・・ »

2010年6月12日 (土)

TDA1543+PCM2706 を再度作ってみました。

PCM2706試作基板が動作しましたので、再度TDA1543 DAC基板を接続して動作確認しました。試作費を回収したいので、3台ほど製作しています。1万円で出品する事にしています。
Pcm2706tda1543
TDA1543は8Vで動作させているので、外部から12Vを供給させる必要があります。TDA1543自体は5Vで動作しますので、USBの電源を使えば外部電源不要になります。ただし、5Vに変更した場合は、i/v変換の抵抗値を変更しなければなりませんし、ノイズの問題も出てきます。

PCM1781 DACの試作も行っています。こちらは、OPAMPを使用しますので、DC-DC電源を用意する事になりますが、+5Vー>±12Vの物を用意すれば、外部電源は不要でした。
ノイズ等無く良好でした。

このPCM2706基板ですが、信号、GNDがPCと分離していないので、GNDがアンプまでつながってしまう問題があります。
一応ノイズ等は確認できません。
理想的なのは、信号をアイソレーションしてPCとオーディオ機器のGNDは分離させることです。今回は予算も無かったので見送りました。

« PCM2706が届く | トップページ | 決まりませんな・・・・ »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

TDA1543は一個で2chのICですが、パラレルで
2個使用すると音質が向上するというようなことを見たのですが、もし時間があればDAC作成の過程で試してもらえませんか。結果をレビューしてもらえればありがたいです。
もっとも自分の環境と耳では違いが分かるかどうか疑問ですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/48613337

この記事へのトラックバック一覧です: TDA1543+PCM2706 を再度作ってみました。:

« PCM2706が届く | トップページ | 決まりませんな・・・・ »