« 事業仕分け | トップページ | 3D テレビ  »

2010年5月 6日 (木)

次はどうなるか?

完成品を受け取ったか方から、「思ったより作りが丁寧」と評価を頂ます。
元々工場でオーダー機器を製造する会社で働いていたので、手を抜く事はしません。
オーダー機器の場合は、スイッチをケースに入れただけでも数万円、
DACのオーダーだったら10万円以下なんてのはありえません、私が趣味で製作しているので、1万円以下で製作できているだけです。完全オーダーで数万円以上で売りたいのが本音です。

オーダー機器を製作している会社を希望して就職活動をしていますが正直福岡では難しいです。

過去に辞めた会社も、オーダー機器を納品をする会社でした。
そこで主に制御に使用していたのは、シーケンサなのですが、安い物でも3万円位していました、中身はワンチップマイコンとフォトカプラーとトランジスタです。それならPIC等のマイコンに置き換えれば格安で出来るはずと提案しましたが、
「基板などの開発費にいくらかかると思っているんだ?、耐久性など実績が無い」
と、拒否されました。(まあしょうがないが) その後、その会社は工場長と揉めて退社!

無職のとき独りでコツコツと開発していました。(DACもそのときに作り始めた)
PCとPICマイコンの通信を行い、PICマイコンを制御してデーター収集を行う機器でした。
一通り開発して、面接時にもっていって採用。(最後に辞めた会社)

入社したら思った会社と全然違うんだもんね、最初 パチンコのホールで使う機器の開発とおもったら、スロット実機に関する仕事だった・・・・

まあ、とりあえず他探す気力も無かったし、好き勝手させてくれるって事でしてほしい機材を購入して好き勝手やってた。(実話) プリント基板の設計もそのとき覚えました。
プリント基板なのですが格安で作れる時代になっている事を知って、発注して届いたときの興奮は今でも忘れられません。

その後、スロットの評価には出玉検証機が必要で社内で作る事になった。
それで、問題になったのは評価には1台では足りない複数台必要!
複数のデーターを一台のPCで集計するに一番良い方法を考えることになりました。

結論はネットワークを使用する方法。ただし、時間も無かったので難しいことは出来ないので、手軽に実現できる方法を模索して製作しました。
(基板の設計、部品の実装、ソフトの開発まで独りやるという馬鹿なことやって鬱病になる)

どう実現したかはHPで公開する事にしています。
(現在のHPとは別に、それに辞めた会社は評価機を作る会社じゃないので問題なし、第一スロットの評価機の作り方なんてやらない・・・・・)

完成して稼動を始めた頃に会社の経営が悪くなり解雇となりました。
100台を超える評価をPC1台で集計できるまでにいったのに終了・・・・

次はどんな会社で働く事になるのか?(アミューズメント関連は勘弁したい)

最近は家で機器の開発が出来る状態なので、雇ってくれて、給料もらえるならどんな仕事でもいいような気がしています。 

あ~どっか雇ってくれ・・・・

« 事業仕分け | トップページ | 3D テレビ  »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/48282280

この記事へのトラックバック一覧です: 次はどうなるか?:

« 事業仕分け | トップページ | 3D テレビ  »