« PCM1781のプリント基板 | トップページ | ロジックアナライザーを使ってみた。 »

2010年2月21日 (日)

うつ病の話

鬱病に2年近く悩まされていました。最初原因が分からず脳神経外科、内科などで診察してもらったわけですが異常なしで、ますます悩みおかしくなってきました。

原因が鬱病だとわかり改善してきました。今は失業して気楽な生活を送って、いざというときは親に泣きつくって考えで気楽になるよう努めています。時々具合が悪くなるときがありますが、
「これは鬱病の症状だから、問題無い」と自分に言いかせています。

今後鬱病の症状が出ないように、自転車に乗って何時間もキツイ坂道を登って無心になって何も考えないようにしています。
とにかく 「死」について考えるんですよ。

「何が楽しくて生きているんだ?」 鬱になって自殺する理由がわかる。

前向きに考えて行動する事にしています。^^;

ただ、妻子のいる場合はきついですね、自分だけが無責任なことをすれば済む問題じゃないからですね。

« PCM1781のプリント基板 | トップページ | ロジックアナライザーを使ってみた。 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

通院と入院はかなり違います。入院では使う薬が広がりますし、看護士などの一日数回のチェックで微調整し、最適な処方をしますから、結局は早く治ります。入院でもあまりお金はかからないから、メンタルヘルス専門医の多い、大きな病院への入院をお勧めします。大きい病院はチームで診断するので、診断の間違いが少ないです。病院では一つの薬のセットで2週間様子を見ます。さらにもう一つ別のセットで2週間、これで薬を確定し、さらに薬を減らす方向で2週間、合計6週間がフルセット。症状が軽ければもっと短いです。

私は鬱病で休職4ヶ月目です。 私には「自転車に乗ろう」という気力さえ出ず、床に伏したままの状態です。 とにかく抗鬱薬を飲んでよ~く寝続けることが治療方と信じます。 そして、「何もしないで、じっとしていると退屈で気が狂いそう」になったらひとまず完治(正常)ですよ。  やりたい事だらけの人は真の鬱病患者ではありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/47630328

この記事へのトラックバック一覧です: うつ病の話:

« PCM1781のプリント基板 | トップページ | ロジックアナライザーを使ってみた。 »