« ATAPIコントローラーは中止 | トップページ | DC-DC電源基板 »

2009年12月27日 (日)

ポップ音防止基板の試作

電子ボリューム用ポップ音防止基板の試作を行いました。

Cimg2116
最初に製作した基板は電源投入時には対応できるのですが、電源OFF時には対応できませんでした。
それで、リレーを2個使い最初にPGA2311に電源が入り、音声出力をショートしているリレーが開放します。電源オフ時は音声出力をショートしてPGA2311の電源をOFFします。

ただし、使用していない時もリレーをコントロールしているPICに電源を供給し続けなければなりません。

これはプリント基板化する予定です。

« ATAPIコントローラーは中止 | トップページ | DC-DC電源基板 »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

いろいろ調べていてたどり着きました
赤外線リモコンボリュウムに期待しています(^O^)
これってPICではなく555を使って1〜2秒後にメイクではいけないのでしょうか?
私はPICの事は分からないアナログ人間ですけど・・・
(勉強しないと行けませんね)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/47126792

この記事へのトラックバック一覧です: ポップ音防止基板の試作:

« ATAPIコントローラーは中止 | トップページ | DC-DC電源基板 »