無料ブログはココログ

広告

« POP音防止基板 | トップページ | AD1852 DACの基板はPB基板センターで製作 »

2009年10月16日 (金)

DC-DC電源

2日前から腹痛と下痢、夜には熱とインフルエンザではないかと不安になりました。熱はすぐにおさまり、腹痛は時々ありまが、動けないほどの痛みではないのでそのうちに治ると思います。

インフルエンザの可能性もありますので家に引きこもって、基板設計に専念していました。

電子ボリュームキットで結構面倒のが、±5Vである事です。トランスとレギュレターを使用するのは一番良いのですが、装置が大げさになってしまいます。AC100Vは工作に慣れた人でないと危険です。それで、DC-DC電源を使用したいと思っても、出力が±5VのDC-DC電源は一般的に売られていません。

RSコンポーネンツと共立電子で販売されているDC-DC電源で±5V対応の物がありましたが、見た目が貧弱で・・・、オーディオに対応できるのか?と購入したものの、試す事すらしませんでした。

Dscf7441
今日PGA2311の電源として試作してみたところ、ノイズが出るなどの問題はありませんでした。PGA2311で問題がなければOPAMP等でも問題無いはずなので、今後はこのDC-DCをメインに使用する事にしました。

Dcdc

« POP音防止基板 | トップページ | AD1852 DACの基板はPB基板センターで製作 »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/46499376

この記事へのトラックバック一覧です: DC-DC電源:

« POP音防止基板 | トップページ | AD1852 DACの基板はPB基板センターで製作 »