« ステップ数が少ないアッテネーター | トップページ | 暇なうちに »

2009年6月16日 (火)

自分用のDAC

自分用のDACを持っていません。自作DACは少なく見込んでも300台は売りましたが、自分用は一台もありません。

自分用にとAD1955でDACを作る事にしました。PCM1794用に購入していたOPAMP、「NE5534」と「LT1028」の組み合わせで製作する事にしました。

AD1955のデータシートでは「AD797」を使用していますし、評価用にと購入していたので「AD797」で組み立てる事も考えたのですが、1個1000円以上のOPAMPを6個も使用するのはもったいなく使えませんでした・・・・・

私はOPAMPの選別で品質が酷く悪いものでなければ値段の違いを感じる事は無いという考えです。

そう思いつつも、1個150円のOPAMPと1個2300円では、 2300円の方が高音質に感じてしまいます ^^;

「LME49710」はオーディオ用としては傑作だと思っています。万能、値段は安い、MC型用フォノイコライザーアンプに使用出来る低ノイズ。

でも「OPA627BP」に負けると考えてしまうんですよね 。

« ステップ数が少ないアッテネーター | トップページ | 暇なうちに »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/45354316

この記事へのトラックバック一覧です: 自分用のDAC:

« ステップ数が少ないアッテネーター | トップページ | 暇なうちに »