無料ブログはココログ

広告

« セレクターつき電子ボリュームの製作 | トップページ | SPIの次はI2C »

2009年5月10日 (日)

DAIのVer2

今配布しているDAI基板ですが、接続ピンに「マックエイト」のチェックピンを使用しています。設計当時秋月のピンを使用する事を思い浮かばずで「マックエイト」のピンにしました。コストが高い、つけにくいの良いとこ無しでして・・・。(1000個で8000円で購入している)

今のDAIはDAIとしての性能には問題は無いのですが、

とにかく誰よりも早く出す!

を念頭にした為、今見ると結構変な部分があります。(入力のシルク表記とか)

今の基板の在庫は70枚程度になったので、この基板が無くなる頃までに、新規に設計を行いたいと考えています。ただし、今の基板と内容はほぼ変わりません。

« セレクターつき電子ボリュームの製作 | トップページ | SPIの次はI2C »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/44961092

この記事へのトラックバック一覧です: DAIのVer2:

« セレクターつき電子ボリュームの製作 | トップページ | SPIの次はI2C »