« プリント基板の作成 | トップページ | シリアル通信で制御 »

2009年4月21日 (火)

OLIMEXから基板が届く。

発注していた、電源基板と電子ボリュームのコントローラー部分の基板が届きました。

電源基板は、AD1955DACと電子ボリュームの電源基板として使用します。

過去にもDC-DC電源基板を製作したですが、DC-DC電源の容量が小さかったので、少し大きめのDC-DCに変更しました。(それでも100mA)

これにレギュレターをつけて±5Vの電子ボリュームの電源として使用します。

配布価格が高めになるのが欠点でして・・・・

100Vの取り扱いが出来るのであれば、トランス式を利用した方が安くすみますし、容量にも余裕があります。

コントローラー基板の方は入力4系統対応の基板でして、この基板の配布は7月位になる予定です。先に2CH専用の基板を配布します。

Dscf6496

« プリント基板の作成 | トップページ | シリアル通信で制御 »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/44746069

この記事へのトラックバック一覧です: OLIMEXから基板が届く。:

« プリント基板の作成 | トップページ | シリアル通信で制御 »