無料ブログはココログ

広告

« 電子ボリュームの基板のテスト | トップページ | PIC16F886を使うと。 »

2009年3月18日 (水)

コンタクトになれる その3

コンタクトを割ってしまい、別の店で再度購入することにしました。

その店が薦める、コンタクトを購入しました。

前回のコンタクトより装着感はいいのですが、近くが見難い、もやもやした見え方する部分が多いで交換して貰いました、前回と同じ、カーブを少し大きめにして貰いました。すごく良くはなったのですが、もやもやした部分が多く使用を諦めて、交換しようかと思った時に片目を紛失・・・・

お店で交換するとなると、今使用しているコンタクトを返品しなければならない。前回交換して貰ったときに、前のコンタクトの返品を要求されなく家で保管していた。

それで考えた、交換するときは前回のコンタクトを返品する。(店では結局破棄するだけで確認はしない)、メーカ品の規格のコンタクトでは幾ら交換しても合わないので、オーダーに変える。

それで、オーダー品にして貰いました。

オーダーは、各個人の眼球のカーブを記録して、その人専用のコンタンクレンズを製作します。ただし、一般のコンタクトレンズは高くても、4万円で収まる。大体の人は3万円以内で済む。

オーダーは6万円です・・・・・・

前回のコンタクトレンズは返品扱いとなり、差額の3万円を支払いました。それで、オーダーのコンタクトレンズを装着していますが、今まで使用していたレンズとは別格です。

ただ、左右の度数が合わずで気分が悪く、片方の度数の変更を今日依頼してもらいました。オーダーの場合、変更は当たり前みたいであっさり再発注して貰いました。受け取りが来週の月曜日(6日程度)

これを最後にしたい。

« 電子ボリュームの基板のテスト | トップページ | PIC16F886を使うと。 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/44384123

この記事へのトラックバック一覧です: コンタクトになれる その3:

« 電子ボリュームの基板のテスト | トップページ | PIC16F886を使うと。 »