« 8ピンPICは止めて・・・・ | トップページ | 電子ボリュームをケースに入れる »

2009年3月31日 (火)

電子ボリュームは良い!

電子ボリュームを作って色々なCDを再生してい試聴していますが、電子ボリュームは良いです。CDプレイヤーからの信号の劣化が全くないのです。ボリュームを下げても、失う音がありません。

可変抵抗のボリュームでは接点がありますので、大量の情報の入った信号が接点の間を通る為、どうしても損失が出てしまうのです。せっかく良い音源、アンプ、スピーカーを用意しても、ボリュームですべてを台無しにしています。損失を少なくする為に接点を出来るだけ大きくしたアッテネーターなどがありますが高価であり、ゲインのステップ数が少ないなどの問題もあります。

最初自分も電子ボリュームは否定的でした、内部で何らかの変換を行っていると勝手に考えていました。(変換すると音質が劣化するので。)電子ボリュームの内部は、大量の抵抗と接点の無いリレーで構成されているのです。大量の抵抗を使用した高価なアッテネーターと同じなのです。

あと、「半導体の中を通って劣化しないのか?」

て、思ったのですが、アンプの増幅素子も半導体・・・・、DACも半導体・・・、OPAMPも半導体・・・、今使用している機材すべてを否定してしまうのです。

利点の多い電子ボリュームですが、自作オーディオで普及しなかったのはマイコンを使うからでしょう。書き込み機、書き込み用ソフトをそろえないといけませんし、使い方を覚えるのも一苦労。

データーシートは英文だし・・・・・

自分はC言語使って1時間で製作して、一発で動作確認取れました。

会社で買って貰った、Cコンパイラ使って ^^;

« 8ピンPICは止めて・・・・ | トップページ | 電子ボリュームをケースに入れる »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/44517970

この記事へのトラックバック一覧です: 電子ボリュームは良い!:

« 8ピンPICは止めて・・・・ | トップページ | 電子ボリュームをケースに入れる »