無料ブログはココログ

広告

« キットの梱包をして。 | トップページ | 完成品を作らないと »

2009年1月25日 (日)

PCM56P+DIR9001で。

CS8414の在庫切れと伴い、PCM56PのDACの出品は出来なくなります。ノンオーバーのDACは続けたいのですがDAIの問題がどうしても解決しません。CS8416のソフトモードが動かずで・・・・(最近理由が少し分かってきたが)

お気楽オーディオで紹介されているロジック回路の方法も良いのですが、基板が大きくなるので没・・・・

まだ試していませんが、DIR9001をDAIにすることにしました。PCM56Pも一緒にした、一枚基板の予定です。

問題は、DIR9001のパッケージがSSOPである事です。

これだけで拒否反応する方も居ると思うので、AD1852と同じ変換基板に取りつけて、動作確認を採った物を付属させる事にしました。

ただし、原価が380円高くなる欠点があります。

あと、PCM56Pの価格が高い事です。現在Digi-Keyで1個1400円、2CHで2800円になりますので。

書いていて思い出した、

TDA1543+CS8414の一枚基板のDACを一時期販売したけど、全然売れずで大赤字だして、オーディオから完全撤退を考えた時がありました。

ちと悩む・・・・

« キットの梱包をして。 | トップページ | 完成品を作らないと »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/43846266

この記事へのトラックバック一覧です: PCM56P+DIR9001で。:

« キットの梱包をして。 | トップページ | 完成品を作らないと »