無料ブログはココログ

広告

« 秋月のRCAジャックが入荷 | トップページ | 資金難2 »

2008年11月 3日 (月)

AD1955の音質確認

量産の基板が届き、自信を持って配布するかどうか決定するために、オーディオ専用ルームを持っている方の部屋で確認をしました。

まあ、甲乙つけがたく難しいですね・・・・

先にAD1852のDACを出してしまっていて、AD1955のDACの価格は、AD1852の2倍以上になります。じゃあ音質は2倍かというとそうではありません。

その辺が難しくて悩んでいます。正直に言いますと

AD1852<AD1955 

では無い可能性はあります。

試聴させていただいた方は

AD1955の方が良いと言ってくれました。(私はAD1852の方が良い)

AD1955はOPAMPが6個必要です、シングルオペアンプなら色々試すことができますので、交換して楽しむ事もできます。

試しに買ってみるか? 程度で買ってください。^^;

配布は、DAIの在庫が無くてAD1955の出品を行ってもDAIの在庫が無いと購入者が限られてきますので、DAIの数を確保してからの配布となります。

ほかにも不足している部品がありますので、ある程度確保してからになります。

オークションでの出品は中旬になる予定です。

早めに聴きたい方はオークションで完成品を落札してください、

« 秋月のRCAジャックが入荷 | トップページ | 資金難2 »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

聞いた感じを2倍すれば、価格は10倍以上ですよ。
2倍の価格でしたら、チョット良くなったらOKです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/42990741

この記事へのトラックバック一覧です: AD1955の音質確認:

« 秋月のRCAジャックが入荷 | トップページ | 資金難2 »