無料ブログはココログ

広告

« DAI基板をリピート生産 | トップページ | ケース加工を外注へ。 »

2008年11月15日 (土)

電子ボリュームの検討

電子ボリュームですが、共立電子で制御用マイコン付きで販売している為、内容を変更して自分なりの企画で配布を考えています。

ゲインの変更が押しボタンのみで、ゲインの表示を行うLCDか7segの表示機をつける。

早い話が、テレビの音量調節と同じです。電源を切っても内臓のEEPROMに記録するので、前回の同じ音量で使用できます。その方が細かい調整が出来るからです。

電子ボリュームはどうしても配布してみたい、音を一番悪くしているのはボリュームなのです。市販品ではかなり高価なボリュームでないと、音質の劣化は避けられません。

電子ボリュームの場合、電源等を入れると最低でも5000円は必要となりますが、それに見合った効果は得られると思います。

« DAI基板をリピート生産 | トップページ | ケース加工を外注へ。 »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/43117326

この記事へのトラックバック一覧です: 電子ボリュームの検討:

« DAI基板をリピート生産 | トップページ | ケース加工を外注へ。 »