« フォノイコライザーアンプ基板の動作確認 | トップページ | ヤフーオークション »

2008年10月 4日 (土)

Z80を再挑戦

自分が何の仕事に就いているいるかは、オークションの評価を見るとバレバレでして・・・

ちなみにこの業界、いまだにZ80が現役です。自分は今のところZ80のプログラムを組む事はありませんが、マイコン、ROMライター、アセンブラー、を会社から割り当てて貰っていまして、何時でもZ80のプログラムを組むことができます。

大半の部分は、出来上がっていますので大幅な変更をすることはありませんが、自分でも変更が出来るようにZ80を一から勉強をやり直してどんな仕様でも変更が出来るようにしたいと考えています。

学生時代ゲームプログラマーになりたく、プログラムの勉強を始めました。当時は8ビットが主流で、PC-88、MSXに搭載していたCPUはZ80でした。何とかZ80の事を理解しましたが、結局まともなゲームを作る事はできませんでした。そのとき独学の難しさを知りました。

もうZ80に触れる事は無いだろと思っていましたが、再度挑戦する機会が巡ってきましたので、しまいこんでいた書籍を引っ張りだしています。

ちなみに、ゲーム業界ですが自分が学生の時に知っていたメーカーの殆どが無くなっています。大手は別として、中小で残っている会社は皆無です。(残ってるのは日本ファルコム位か?)

« フォノイコライザーアンプ基板の動作確認 | トップページ | ヤフーオークション »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/42676606

この記事へのトラックバック一覧です: Z80を再挑戦:

« フォノイコライザーアンプ基板の動作確認 | トップページ | ヤフーオークション »