« 基板の発注 | トップページ | フォノイコライザーアンプのMM型用 »

2008年9月18日 (木)

LME49710をメインに

AD1955とフォノイコライザーアンプのOPAMPは、「LME49710」を使用します。同じなので、複数のOPAMPを用意する必要が無く助かります。低ノイズの為、フォノイコライザーアンプでも非常にノイズが少ないのです。試聴させていただいた方の所でも、低ノイズを確認できました。

また、AD1955の場合は、他のOPAMPに交換しする事もできます。

価格が安いのが一番の魅力なんですが・・・・・

« 基板の発注 | トップページ | フォノイコライザーアンプのMM型用 »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

音源カードのOPA627BPとLME49710を差し替えてRMAA6.2でテストしましたがカタログデータほどの性能は出ませんでした。
音源カードは玄人志向のENVY24-HTタイプです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/42511833

この記事へのトラックバック一覧です: LME49710をメインに:

« 基板の発注 | トップページ | フォノイコライザーアンプのMM型用 »