無料ブログはココログ

広告

« 見捨てたDAC | トップページ | AD1955の基板化が遅れている理由 »

2008年8月26日 (火)

現状・・・

完成品が売れない・・・・・

知り合いからも言われましたが、

「ケースがもっと良ければいいのでは?」

こう言われますと、正直言って

「メーカー品を購入してください。」

と言うしかありません。

元々、DACを作った事の無い人に作って貰う為にキット・完成品の出品をはじめました。

完成品はバラバラにばらして貰ってもかまいません。

データー、資料として使って貰っていただく為に出品をはじめました。

DACの自作は簡単なこと、メーカー品より低価格で音質の良いDACを作る事が出来ることを知っていただく為に配布を始めました。

単体DACは、CD内臓よりも高音質です。

同じICを利用していても、

「別物か?」

と思う位違います。

« 見捨てたDAC | トップページ | AD1955の基板化が遅れている理由 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

購入させていただいた、AD1852のDACのキットは、本当にいい音です。

パソコン用CDドライブを外付けケースに入れて、キットのDACにつないでいます。メーカー製の値段が高いだけの(そして、見掛けも確かにいいけど)CDPよりずっとここちよく音楽を楽しめます。

クラシックならすべてのジャンルで不満はありません。とくにピアノが美しい。まるで天国にいるみたいです。ヴァイオリン、チェロも同様です。(ジャズとかロックとかは聴いていませんので、分かりません)

はじめ完成品を購入するつもりでしたけど、なぜそうしなかったかというと、ケースのデザインとかの問題ではなく、自作のラックに収まりそうもないと思ったからです。

そこでキットを買って。中身を抜いたCDドライブにつめました。ラックを見ると、CDドライブが2台並んでいるように見えます。1台は本物、もう1台はDACです。

完成品の購入をためらう者には、私のような場合もあると思います。
できましたら、ケースのサイズも入れたほうがよろしいのではないかと思います。
ご参考になれば、幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/42277248

この記事へのトラックバック一覧です: 現状・・・:

« 見捨てたDAC | トップページ | AD1955の基板化が遅れている理由 »