« コンタクトになれる その2 | トップページ | フォノアンプの基板 »

2008年8月16日 (土)

フォノアンプ

MC型用フォノアンプアンプの製作を依頼されて、面白そうなので製作することにしました。

ところがMM型はもっているが、MC型はカートリッジもフォノアンプも持っていなかった。

MC型に交換できることすら最近まで知らなかった・・・・・ホントに

MC型は前から興味があったが、フォノアンプが高いのでなかなか手がでずで購入しなかったが、Pro-Jectというメーカーから出ている「Phono BoxⅡ」は23000円だったので購入した。販売代理店はナスペックという会社 http://www.naspec.co.jp/

Dscf4532

カートリッジはオーディオテクニカの「AT-F3Ⅱ」を購入。Dscf4500_3 Dscf4501

音質は個人的に大変満足でして、

それでフォノアンプの製作は中止・・・・^^;うそです。

試作のプリント基板は届いていたので、回路図と見比べて製作しました。

OPAMPは「LME49710」です。

1_2

いつもの事ですが、あちらこちらにミスがあり・・・、抵抗は足りない物が多くあり合わせで、回路図と同じ値にしました。

音はまともに出ました。購入した物に比べて若干落ちる気がしますが、エージングと基板の配線の改善でもう少し良くはなると思います。使えないレベルではありません。

次の試作を出したいのですが、利用しているブルガリヤの基板屋さんは8月いっぱい休業で発注できず。

« コンタクトになれる その2 | トップページ | フォノアンプの基板 »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/42187173

この記事へのトラックバック一覧です: フォノアンプ:

« コンタクトになれる その2 | トップページ | フォノアンプの基板 »