無料ブログはココログ

広告

« 電子ボリュームのプログラム | トップページ | 基板のミス・・・・・ »

2008年5月17日 (土)

サンプリングレートコンバーター

DACの購入者からのレポートで、「SRC2496」を通して88.2Kで再生すると、さらに良いとの情報。

「SRC2496」って何? でしたので、検索してみると、サンプリングレートコンバーターで、たとえばCDは44.1KHzなのを48Kや88.2K、94Kに変換して出力してくれるものです。しかも、DAC、ADC内臓、ヘッドホン端子付き、光、同軸、入出力付きといたせりつくせりでして、欠点はスタジオで使用する機器なので、出力がバランス出力である事。

一番驚愕したのが価格でして、「サウンドハウス」で16800円だったこと。

早速購入しました。^^;

今日届いて使用しています。

Dscf4067

「PS3」を光でつなぎ、自作のDACに同軸で接続しました。(光・同軸変換器としても使える)

いやー良い装置ですね。こんなのがあることを知っていたら、自作DACを作る事もなかったような・・・・・・・・・・・

« 電子ボリュームのプログラム | トップページ | 基板のミス・・・・・ »

オーディオ機器の自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/41236662

この記事へのトラックバック一覧です: サンプリングレートコンバーター:

« 電子ボリュームのプログラム | トップページ | 基板のミス・・・・・ »