« ケースの加工 | トップページ | AD1852の完成品 »

2008年5月 6日 (火)

コンタクトになれる

4連休中にコンタクトに慣れたくて購入したコンタクトレンズを着け始めた。

装着感はそれほど悪く無いのだけどなぜが光が散って見える。目に水が入った状態のような見え方で、正直普通に生活はできない。よく見えるはずなんだけど、光が散った状態なので厳密にいうと見えずらい。せっかくの休みにDACの作業を進めたかったが、近くを見る事が出来ない。コンタクトレンズはこんな感じなんだろうか?

コンタクトは、始めは8時間程度くらいしか装着できないのであとはメガネにつかうしかないんだけど、メガネを使うとすごく見やすくなる。コンタクトを装着する前はこんなに良く見えなかった。メガネを買いなおしたかと思う位違う。コンタクトレンズの掲示板で、「ハードコンタクトを使うと、裸眼の視力が上がる」と書き込みしていた人がいたが、自分もそんな感じ。

コンタクトレンズに慣れるには2週間必要なので、とりあえず2週間使ってみて結論をつけたい。

« ケースの加工 | トップページ | AD1852の完成品 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511109/41105351

この記事へのトラックバック一覧です: コンタクトになれる:

» 名古屋での近視治療 [名古屋での近視治療]
名古屋で人気のクリニック紹介します。 [続きを読む]

« ケースの加工 | トップページ | AD1852の完成品 »